茶の湯サロン Salon

<茶の湯サロン>お稽古の内容

【きっかけレッスン】

お教室の見学。お稽古の内容についてのご説明。茶室での基本所作を学びます。
薄茶と季節のお菓子をお召し上がりいただけます。

<入会金>
不要

<お稽古料>
2,500円
(現金でのお納め。新札をご用意の上、封筒にお名前、ご住所、電話番号、メールアドレスをご記入しお納め下さい。)


【茶の湯のいろは】

茶道の基本を10回で習得し資格を取得できるコースです。
毎回のお稽古で薄茶と季節のお菓子を召し上がっていただけます。

(1) 茶室の成り立ち、畳の名称、立ち方座り方、お辞儀の仕方、お茶とお菓子のいただき方。
(2) お道具の名称、扱い方。
(3) (1)(2)回の復習、お茶を点てる。
(4) 割稽古。<棗、茶杓の清め方、茶筅の扱い、茶碗の扱い>
(5) 盆略点前。<茶菓子のお話>
(6) 盆略点前。<茶の湯と陰陽五行思想のお話>
(7) 盆略点前。<茶の湯と季語のお話>
(8) 千歳盆点前。<茶道具師のお話>
(9) 千歳盆点前。<薄茶と濃茶のお話>
(10) 千歳盆点前。濃茶のいただき方。<茶事の成り立ち、茶懐石料理とは?>

<お稽古の日程>
ひと月に2回〜3回お越しいただける場合、5ヶ月以内で習得できます。

<持ち物>
初回は白い靴下。お洋服でご参加の方には稽古着お貸出しもございます。
2回目以降は、帛紗・古帛紗・扇子・懐紙・菓子楊枝・帛紗挟み(持参する稽古道具を入れるケース)販売もございますのでお気軽にお申し出下さい。
10回目には小茶巾、小茶巾入れが必要となります。

<入会金>
5,000円(現金での納入)

<お稽古料>
1回6,000円(水屋料含む)×10回=60,000円(お申込み時に前納をお願い致します。銀行振込可)

*お稽古料には茶道裏千家御家元からお許しを得られる許状申請料を含みます(『入門』『小習』『茶箱』の資格証明証をお渡しします。)

【季節を愉しむレッスン】

<入会金>
5,000円

<お稽古料>
月2回 6,000円+1,000円(水屋料)/月
(現金で月初めの稽古時にお納め)
月3回 9,000円+1,000円(水屋料)/月
(現金で月初めの稽古時にお納め)

【初級レッスン】

<入門>のお許状を取得された方のレッスン。
点前に用いる道具の由緒、亭主と客との関連性を表現する点前。炭手前、薄茶・濃茶点前の応用を学びます。

〔前八ヶ条〕
1 、貴人点 2、貴人清次 3、茶入荘 4、茶碗荘 
5、茶杓荘 6、茶筅荘 7、長緒 8、重茶碗

〔後八ヶ条〕
1、包帛紗 2、壺荘 3、炭所望 4、花所望 
5、入子点 6、盆香合 7、軸荘 8、大津袋

<お稽古料>
月2回 6,000円+1,000円(水屋料)/月
(現金で月初めの稽古時にお納め)
月3回 9,000円+1,000円(水屋料)/月
(現金で月初めの稽古時にお納め)

【中級レッスン】

<四カ伝>のお許状を取得された方のレッスン。
次の課程へのプレリュードとなります。唐物道具を丁寧に扱うことで、安全で安定した所作を目指す稽古です。

<お稽古料>
月2回 8,000円+1,000円(水屋料)/月
(現金で月初めの稽古時にお納め)
月3回 12,000円+1,000円(水屋料)/月
(現金で月初めの稽古時にお納め)

【上級レッスン】

相伝<台子点前>のお許状を取得された方のレッスン。
侘び茶が大成される前、室町時代にされていたとされる道具の扱い、歴史を紐解く稽古です。

<お稽古料>
1回5,000円
(初級 中級のお稽古料と合わせてのお納めとなります。)

【七事式のレッスン】(グループレッスン)

5名様で展開されるお稽古です。
科目は月毎に変わります。

<お稽古料>
1回3,000円
(お稽古時に担当者が取りまとめお納め下さいませ)

茶の湯サロン Salon

茶の湯パーティ Event

pagetop
copyright© KASUIKAI all rights reserved.